金融論                開発論

+  目次

Edit

第1章 国際経済学のフレームワーク Edit

1 目的と方法 Edit

2 貿易の利益 Edit

3 資本取引の利益 Edit

4 貿易と経常収支 Edit

5 資本市場の統合度 Edit

(1)

国際移動1(対象−財) Edit

(一) モデル分析(メカニズム分析) Edit

第2章 基本モデル Edit

1 需要と供給の決定

   付論 生産可能性曲線と供給曲線
   付論 実質所得変化の測定

2 市場均衡の安定性

   付論 マーシャル・ラーナー条件

3 貿易パターンの決定

   付論 顕示選考

4 窮乏化成長
5 交易条件変化の趨勢
6 トランスファー問題

   付論 3カ国以上からなる場合

第3章 リカード・モデル−生産技術差がある場合 Edit

1 比較優位と絶対優位
2 リカード・モデル
3 自由貿易での下での世界均衡
4 絶対優位−賃金
5 比較優位−ドイツ統一の場合
6 モデルの応用

第4章 ヘクシャー・オリーンモデル−生産要素賦存差がある場合 Edit

1 考え方
2 リプチンスキー定理とストルパー・サミュエルソン定理
3 生産技術が選択可能なモデル
4 生産可能性曲線
5 統合された世界と自由貿易世界

第5章 実証研究 Edit

1 留意点、実益
2 リカード・モデル
3 ヘクシャー・オリーンモデル
(1) レオンチェフ・パラドックス アメリカの場合−レオンチェフ以降

			     わが国の場合
   付論 なぜくの財を生産するのか

(2) 産業内貿易 その進展

		 その理由−製品差別化

(二) 政策分析 Edit

第6章 貿易政策 Edit

1 手段
2 効果−小国の場合
3 輸出税と輸入税の同等性
4 関税と輸入割当の同等性

第7章 保護貿易 Edit

1 外部経済性
2 価格の硬直性
3 大国の貿易政策

   付論 最適関税率

4 不完全競争と戦略的貿易政策
5 動学的利益−幼稚産業保護論

   付論 学習効果と経済成長−一般均衡モデル

第8章 通商摩擦 Edit

1 保護貿易のコスト
2 税関−戦争と交渉

   付論 自由貿易と繰り返しゲーム

3 通商交渉ラウンド−ガット
4 貿易紛争の多発化
5 日本市場は閉鎖的か
6 地域的経済統合

国際移動2(対象−生産要素) Edit

第9章 Edit

1 移動の利益
2 最適な課税
3 異時点間貿易

4 直接投資
5 対米直接投資



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-04 (火) 04:56:05 (498d)