+  目次

-総論 Edit

Part1 経済学の勉強方法と全体像 Edit

01思考方法ミクロ編と同一
02グラフの読み方
03古典派
ケインズ派
1 経済の基本問題〔1
2 〔2
3 古典派〔3
4 ケインズ派〔456

Part2 国民経済計算 Edit

国民
(National)
国内
(Domestic)
固定資産
減耗分の
減価
なし
(Gross)
GN(P)I
国民総(生産)所得
GDP
国内総生産
あり
(Net)
NN(P)I
国民純(生産)所得
NDP
国内純生産


速習!経済学スティグリッツ基本千種
和書原書
04GDPと物価1.国内総生産(GDP)
  (1)一定期間に〔1〕〔2〕〔3
  (2)国内で
  (3)生産され
  (4)固定資産減耗分を含まない
  (5)市場価格で表示される〔4
      例外1-帰属家賃
      例外2-農家の自家消費
      例外3-公共サービス
  (6)付加価値の合計〔5
2.その他の概念
  (1)国民総総生産(GNP)(= GNI)〔6
       国民とは⇒1年以上居住する者
  (2)国内純生産(NDP)
  (3)国民純生産(NNP)〔7
  (4)国民所得(狭)(NI)
      ⇒国民に分配された所得の合計
      CF:.国民所得(広)
3.物価の計算方法〔8
   (1)ラスパイレス指数
   (2)パーシェ指数
4.名目と実質〔9
05三面等価原則1 定義〔1〕〔2
  (1) 生産面(GDP)
  (2) 分配面(Y)=C+S+T
  (3) 支出面(GDE)=C+I+G+EX-IM
  ・生=分=支
2 ISバランス論 〔3〕〔4
  ・(Y)=C+S+T=C+I+G+EX-IM
          ↓整理すると
  (EX-IM)=(S-I)+(T-G)
06産業連関表1.
1〕〔2〕〔3〕〔4

-短期モデル−財の総需要曲線の分析 Edit

Part3 財市場−GDPの決定 Edit

仮定1:貨幣市場を考慮しない ⇒ 利子率一定
仮定2:労働市場を考慮しない ⇒ 物価一定
仮定3:海外部門を考慮しない

速習!経済学スティグリッツ基本千種
和書原書
07財の需要1.消費(C)(ケインズ型関数)〔1
  C = a+b(Y-T)
  T = T0 + tY
2.貯蓄(S)(ケインズ型関数)〔2
  S = Y-C
3.投資(I)〔3
4.政府支出(G)
5.輸出(EX)-輸入(IM)
0845度線分析-基本1.〔1〕〔2〕〔3〕〔4〕〔5
09(45度線分析-応用)
インフレギャップ
デフレギャップ
1.〔1〕〔2
10(45度線分析-応用)
乗数効果
1.投資乗数〔1〕〔2前
2.政府支出乗数〔2後〕〔3前
3.租税乗数〔3後
4.均衡予算の乗数効果〔4
5.ビルトインスタビライザー〔5〕〔6


速習!経済学スティグリッツ基本千種
和書原書
29消費関数論
(07再論)
1.問題の所在
  (1) 短期(ケインズ型)
  (2) 長期(クズネッツ型)
2.消費論争- (1)、(2)を統合するには?
     .薀ぅ侫汽ぅル仮説〔1〕〔2
     恒常所得仮説(フリードマン)〔3
     A蠡仆蠧晴樟(モジリアーニ)〔4
     の動資産仮説(トービン)〔5

Part4 資産市場−利子率の決定 Edit

仮定1:労働市場を考慮しない ⇒ 物価一定
仮定2:海外部門を考慮しない

速習!経済学スティグリッツ基本千種
和書原書
11資産の種類
−貨幣・債券
1 概観と前提 〔1
2 貨幣
  (1) 機能
  (2) 種類 〔2
3 債券資産〔34
12貨幣供給1.中央銀行の機能〔1
  “券銀行
  銀行の銀行
  政府の銀行
2.貨幣供給の仕組-信用創造〔2〕〔3
  )…蟒猗金
  ▲魯ぅ僖錙璽疋泪諭(H)
  2瀛松菴(m)
3.演習〔4
13利子率の決定1 貨幣需要の決定〔1
   ー莪的動機
   ⇒夙的動機
   E蟲‥動機
2 利子率の決定〔2
14投資量の決定
−投資の限界効率
1.意義−割引現在価値〔1〕〔2
2.投資量の決定〔3〕〔4〕〔5
15金融政策の効果
 (貨幣量変動)
        ↓
 (利子率変動)
1.貨幣数量変動方法
  (1) ハイパワードマネー(H)の増減 〔1
     仝開市場操作
     日銀貸付
  (2)貨幣乗数(m)の操作 〔2
     支払準備率操作
     じ定歩合(基準貸付利率)操作
2.金融政策とその有効性
  (1)緩和策〔3
  (2)引締策〔4
  (3)有効性-(1)の無効原因〔5〕〔6
    ゞ箙圓梁濬
    ⇔動性のわな
    E蟷颪利子非弾力的
163.古典派の利子論・貨幣観〔1〕〔2


速習!経済学スティグリッツ基本千種
和書原書
30投資量決定理論
(14再論)
1.投資の限界効率理論(ケインズ) ⇒ 14
2.加速度理論(サミュエルソン)〔1
3.ストック調整原理〔2
4.Q理論(トービン)〔3
5.限界生産力理論(新古典派)〔4
 ・ まとめ〔5

Part5 IS-LM分析1―GDPと利子率の同時決定 Edit

仮定1:労働市場を考慮しない ⇒ 物価一定
仮定2:海外部門を考慮しない

速習!経済学スティグリッツ基本千種
和書原書
17IS-LM分析11 概観と前提 〔1
2 IS曲線
  (1) 原則-右下がり
      求め方(簡便法)〔2
      求め方(3面法)〔3
  (2)例外-垂直な場合
3 LM曲線
  (1)原則-右上がり
      求め方(簡便法)〔4
      求め方(3面法)〔5
  (2)例外-水平な場合
4 演習 〔6
18金融政策の効果
(LM曲線のシフト)
1.拡張的政策(緩和)-LM右シフト〔1
2.縮小的政策(引締)-LM左シフト〔2
19財政政策の効果
(IS曲線のシフト)
1.拡張的政策-IS右シフト
  (1)方法-政府支出拡大・減税〔1
  (2)効果(ケインズ派)
    クラウディングアウトあり〔2後〕〔3
      〃  なし-流動性のわな〔4前
      〃  なし-投資の利子非弾力
  (3)効果(古典派)-ピグー効果〔4中
2.縮小的政策-IS左シフト
  (1)方法-政府支出縮小・増税〔2前
  (2)効果
3.演習問題〔4後〕〔5
20公債の経済効果1.前提-市中消化の原則〔1
2.資産効果-フリードマン〔2
3.中立命題-リカード、バロー〔3

Part7-1 IS-LM-BP分析2―円高・円安影響の同時決定 Edit

仮定:労働市場を考慮しない ⇒ 物価一定

速習!経済学スティグリッツ基本千種
和書原書
27国際収支と
外国為替レート
1.国際収支(内訳)〔1〕〔2〕〔3
2.国際通貨制度〔4
  (1)固定相場制  ※ 不胎化政策
  (2)変動相場制
  
3.為替レートの決定〔5〕〔6
  (1)超短期(アセットアプローチ)
  (2)短期   (フローアプローチ)
  (3)長期   (購買力平価説)
4.国際収支の決定〔7〕〔8〕〔9

1.国際収支の内訳

貸方
(+)
借方
(-)
国際収支表




(1)財・サービス〆(モノ)



A 貿易・サービス収支
▲機璽咼
(2)所得B 所得収支
(3)経常移転C 経常移転収支




(1)資本勘定



A その他資本収支
(2)財務勘定…樟榲蟷B 投資収支
⊂攘投資
その他投資
そ猗資産3 外貨準備増減
4 誤差脱漏


速習!経済学スティグリッツ基本千種
和書原書
28IS-LM分析2

マンデル・
フレミングモデル
1 BP線の形状〔1〕〔2
   (1) 水平(←資本移動が完全自由)
   (2) 垂直(←資本移動なし)
   (3) 右上り(←資本移動が不完全)
2 IS-LM-BP分析〔3456
   (1)固定相場制
   (2)変動相場制


シフト
曲線
小国
(資本流出入大)
大国
(資本流出入小)
固定相場変動相場固定相場変動相場
財政政策
(政府支出)
IS
(LM)
×
金融政策
(貨幣供給)
LM
(IS)
×
貿易政策
(為替切下)
IS
(LM)
----
操作不能
----
操作不能
貿易政策
(輸入制限)
IS
(LM)
×

-長期モデル−財の総供給曲線の分析 Edit

Part6 AD-AS分析・IAD-IAS分析―GDP・物価の同時決定 Edit

仮定:海外部門を考慮しない

速習!経済学スティグリッツ基本千種
和書原書
21労働市場1 労働需要量の決定〔1
  MPL=W/P(古典派第1公準)
2 労働供給量の決定〔2
  限界不効用=W/P(第2公準)
3 労働市場
  (1) 古典派〔3
  (2) ケインズ派〔4
22物価水準1(決定1)
−AD-AS分析
1.総供給曲線(AS)〔1
  (1)反映−労働市場
  (2)形状−右上り(ケインズ派)
            −垂直  (古典派)
2.総需要曲線(AD)〔2
  (1)反映−財・貨幣市場
  (2)形状−右下り(原則)
            −垂直(例外 ↓)
3.物価水準の決定〔3
4.経済政策の効果
  (1)金融政策-効果小〔4
  (2)財政政策〔5
23物価水準1(決定2)
−体系比較
1.ケインズ派〔1
2.古典派〔2
24物価水準2(変動1)
-(インフレ:種類と効果)
1.インフレ
  (1)種類〔1
  (2)効果
  (3)原因〔3
2.デフレの効果〔2
25物価水準2(変動2)
-(インフレ:失業率との関係)
1.失業の種類〔1
  (1)摩擦的
  (2)自発的
  (3)非自発的
2.フィリップス曲線〔2〕〔3
  (1)短期(ケインズ)-右下り
  (2)長期(フリードマン)-垂直
  (3)短期(ルーカス)-垂直
26物価水準2(変動3)
-IAD-IAS曲線
1.インフレ需要曲線(IAD)
2.インフレ供給曲線(IAS)
1〕〔2〕〔3

Part7-2 その他 Edit

速習!経済学スティグリッツ基本千種
和書原書
31景気循環論1.周期表〔1
2 ケインズ派(ヒックス・サミュエルソン)〔23
3 古典派
32成長論1 概要〔1
2 外生的理論
   (1)ケインズ派(ハロッド・ドーマー)〔23
   (2) 新古典派 4
   (3) 新古典派(ソロー・スワンモデル)〔56
   (4) 成長の要因〔78
3 内生的理論〔9


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-06 (木) 08:49:36 (1500d)