仕事に役立つEXCEL統計解析 目次 Edit

・以下は、標題書籍の目次です。(青文字は、該当個所で解説されているEXCELの関数です。)
・機銑靴龍菠は、原書にはなく、当方独自の分類です。(同様に、CHAPTER-03も靴飽榮阿気擦泙靴)
・また、各章や節のタイトルも一読して理解しやすいようにするため、変更しました。
・この本で不十分な点は下記の電子教科書(基礎からの統計学)を辞書のようにして使えばよいでしょう。

序論 Edit

CHAPTER 01 統計とは Edit

01-仕事に役立つ統計学
02-統計の目的
03-データの分類とものさし
04-Excelと統計学

集計・記述偏 Edit

CHAPTER 02 基本統計量 Edit

01-データの区分け整理(関数- FREQUENCYMINMAX)
02-平均 (関数- AVERAGETRIMMEAN)
03-中央値-真ん中にあるデータ(関数- MEDIAN)
04-最頻値-よく目につく値(関数- MODECOUNTIF)
05-データ分布-「平均値」・「中央値」・「最頻値」
06-分散・標準偏差-データの散らばり(関数- VARP、VAR、STEVP、STEV、RANDBETWEEN)
07-標準化-単位の異なるデータの比較(関数- STANDADIZE)

CHAPTER 04 母集団と標本 Edit

01-全体と一部 〜全数調査と標本調査〜(関数- vlookup)
02-データを取り出す 〜標本抽出〜
03-全体と一部の平均 〜平均〜
04-全体と一部の平均値の散らばり 〜分散〜
05-標本平均のデータ分布 〜中心極限定理〜
06-全体と一部の散らばり 〜分散〜

CHAPTER 05 確率分布 Edit

01-試行と確率と期待値(関数- SUMPRODUCT)
02-アタリかハズレか二者択一 〜二極分布〜(関数- BINOMDIST)
03-山形のデータ分布〜正規分布〜(関数- NORMDIST)
04-標準の山 〜標準正規分布〜 (関数- NORMSDSIT)
05-いろいろな山形のデータ分布 χ2分布、 F分布、 t分布

解析(分析)編 Edit

CHAPTER 06 推定 Edit

01-少ない情報でいい当てる
02-母集団の平均 疎臧庫(関数-NORMINV、NORMSINV)
03-母集団の平均◆曽標本(関数-TDIST、TINV)
04-母集団の分散(区間推定)(関数-CHIDIST、CHIINV)
05-母集団の比率(区間推定)

CHAPTER 07 検定 Edit

01-検定とは-本当に言いたいことは別にする

  • 検定の手順

02-検定する(平均) 〜Z検定〜(関数- ZTEST)
03-    〃    ( 〃  ) 〜t検定〜
04-    〃    (縄張)  〜F検定〜(関数- FDIST、FINV、FTEST)
05-    〃    (分布)  〜カイ2乗.png検定〜(関数- CHITEST)

CHAPTER 08 分散分析 Edit

01-偶然・必然の見極め 〜一元配置〜(関数- SUMSQ)
02-見分け方(2因子の場合) 〜二元配置〜

解析(分析)編2(多変量解析) Edit

CHAPTER 03 回帰分析 Edit

01-なさそうである関係〜相関係数〜 (関数- CORREL)
02-点の近くで線を引く 〜回帰直線〜
03-未知の値の予測(関数- SLOPE、INTERCEPT、FORECAST)
04-精度の高い予測 〜重回帰分析〜(関数- LINEST、TREND)
05-分析の精度〜当てはまりのいい線が引けたか(関数- RSQ、RAND)

数量化理論砧 Edit

数量化理論砧(コンジョイント分析) Edit

数量化理論粁 Edit

基礎からの統計学 目次 Edit

・以下は、福山平成大学経営情報学科 福井正康教授が公開している統計学の教科書の目次です。
・まずはじめに、この文書の「まえがき」から一部を抜粋しておきます。

「私の勤務する大学の講義用に、統計の初学者に必要な項目を選んで、平易だけれど実用にも耐えうる教科書を書いてみることにしました。
基本的に公式の導出は必要最小限にとどめ、公式を利用して自分で計算ができるように、Microsoft Excelを使っての計算練習に力を入れています。
数学の苦手な学生は少し数式が出ただけで最初から敬遠してしまいがちですが、この拒絶反応を少しずつ解消して行くことも本書のねらいです。」

・原文書には、各章ごとの細目次がないので、以下は当方で作成した目次です。
・各章のタイトル文字をクリックするとPDF文書が開きます。

序論 Edit

3章 データと集計 Edit

  1. 母集団と標本
  2. データの種類
  3. データの収集
  4. 収集方法
    1. 質的データ
    2. 量的データ (相関関係)

記述偏 Edit

4章 度数分布 Edit

  1. 度数分布表
  2. ヒストグラム
    ───────────────────────

5章 基本統計量 Edit

  1. 分布の中心
    1. 平均値
    2. 中央値
    3. 最頻値
  2. 分布の広がり
    1. レンジ
    2. 分散
    3. 不偏分散
    4. 標準偏差
  3. 分布の形
    1. 歪度
    2. 尖度
  4. 2変量の関係 (相関係数)
    ───────────────────────

6章 確率分布 Edit

  1. 離散的データ
  2. 連続的データ
  3. 確率変数の平均と分散の一般的性質
    1. 線形変換
    2. 確率変数の合成
  4. 確率変数の例
    1. 離散的
    2. 連続的
      ───────────────────────

7章 確率分布-正規分布(基礎) Edit

  1. 一般
  2. 標準
  3. 性質
    1. 確率の概数
    2. 偏差値
  4. 標正規紀分布への変換
  5. 正規分布の合成
  6. 中心極限定理

8章 確率分布-正規分布(標準) Edit

  1. カイ2乗.png分布
  2. F分布
  3. t分布
  4. 分散とカイ2乗.png分布

解析(推測)偏 Edit

9章 検定(基礎) Edit

  1. 検定とは
  2. 何を検定するか
  3. 手順と過誤
  4. 両側検定と片側検定
  5. 検定手法概観-検定選択ツリー
    ───────────────────────

10章 検定(質的データ)−比率 Edit

  1. 母集団の比率と指定比率
  2. 対応のない多群間
    1. 2×2表
    2. m×n表
  3. 対応のある2群間
  4. データ数の決定
    ───────────────────────

11章 検定(量的データ)(母集団と指定値)−平均 Edit

  1. 検定手順
  2. 正規性の検定
  3. 母平均と指定値との比較(正規性あり)
  4. 中央値と指定値との比較 (正規性なし)
  5. データ数の決定

12章 検定(量的データ)(対応のない2群間) Edit

  1. 検定手順
  2. 等分散(対応なし・正規性あり)
  3. 等分散( 〃 ・ 〃 ・等分散性あり)
  4. 等平均( 〃 ・ 〃 ・等分散性なし)
  5. 中央値( 〃 ・正規性なし)

13章 検定(量的データ)(対応のある2群間) Edit

  1. 検定手順
  2. 等平均(対応あり・正規性あり)
  3. 中央値( 〃 ・正規性なし)
    ───────────────────────

14章 検定(相関係数) Edit

  1. 相関係数
  2. 順位相関係数

15章 区間推定 Edit

  1. 母比率 (2項分布)
  2. 母平均 (標準分布、t分布)
  3. 母分散 (カイ2乗.png分布)

16章 回帰分析 Edit

  1. 単回帰分析
  2. 重回帰分析

────────────────────── 
補遺1 質的指標の検定
補遺2 量的指標の検定
補遺3 符号付順位和検定の両側確率と検定値

序論

  • 1章 場合の数
    • 順列
    • 組合せ
    • 重複組合せ
    • 2項定理
  • 2章 確率
    • 事象と集合
    • 確率とは
    • 期待値


添付ファイル: fileカイ2乗.png 240件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-05 (日) 01:01:20 (1143d)