事実認定の構造 Edit

基本構造 Edit

本質論(到達点) Edit

1.証明度
2.解明度

1.証明度(1)-ルンバール事件
2.証明度(2)-長崎原爆訴訟
3.証明妨害-自衛隊機墜落事件
4.証明度の軽減-東京水俣病訴訟
5.証明(集団訴訟)-大阪国際空港事件
6.損害証明-鶴岡灯油事件

対象論(認定の対象)-裁判上の自白 Edit

7.自白の拘束力(権利自白)
8.自白の拘束力(間接事実)
9.自白の拘束力(補助事実)

方法論(経験則と推定) Edit

  • 総論
  • 各論[方法論の内実]
    • 民法総則
    • 物権・担保物権
    • 債権総論
    • 契約
    • 不法行為

過程論(手続規律) Edit

1.自由心証主義
2.証拠共通の原則
3.証明・疎明
4.本証・反証

証拠 Edit

Edit

1.分類
2.内容

書証 Edit

1.文書の種類
2.証明力と証拠力
3.形式的証拠力
4.実質的証拠力

人証 Edit

1.供述の信用性判断

鑑定 Edit

1.概要
2.鑑定書
3.筆跡鑑定



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-04-06 (日) 08:05:01 (1660d)