+  目次
  • [争点](何が問題となっているか)とその位置づけ(要件論か効果論か)
  • [問題の所在](何故に問題となるか)
  • [結論](判例はどのように判断しているか)
  • [理由](考え方)
    • (1)小論点(何を解明し)
    • (2)論理構成(どのように構成すればよいか)

総論 Edit

・訴訟と非訟(夫婦同居の審判)(最判S40.6.30)(百選記004)
・訴訟と非訟(過料の裁判)(最判S41.12.27)(百選記005)
・民事裁判権(天皇)(最判H1.11.20)(百選記006)

・訴訟上の権能(訴権)の濫用(最判S53.7.10)(百選記007)
・訴訟上の権能(管轄選択権)の濫用(札幌高S41.9.19)(百選記008)
・訴訟上の権能(期日指定申立権)の濫用(名地S40.9.30)(百選記009)
・訴訟上の権能(忌避権)の濫用(札高S51.11.12)(百選記010)
・訴訟上の権能の濫用(訴え提起が不法行為にあたるか)(最判S63.1.26)(百選記011)
・信義則(争点形成)(最判S48.7.20)(百選記012)
・信義則(訴訟承継)(最判S41.7.14)(百選記013)
・信義則(当事者の確定)(最判S48.10.26)(百選記014)
・信義則(判決効)(最判S51.9.30)(百選記015)

・訴訟費用(弁護士費用)(最判S48.10.11)(百選記016)
・訴訟費用(訴訟救助)(名高S46.2.8)(百選記017)

国際民訴 Edit

(国際裁判管轄)
・裁判権の免除(大審S3.12.28)(百選記018)
・マレーシア航空事件(最判S56.10.16)(百選記019)
・離婚事件(最判S39.3.25)(百選記020)
・併合管轄(東地S62).5.8(百選記021)
・管轄の合意(最判S50.11.28)(百選記022)
・国際機関(東地S52.9.21)(百選_AP記001)

・当事者能力(外国人)(大高S57.4.14)(百選記023)
・訴訟競合(東地H1.5.30)(百選記024)

・外国判決の承認(相互保証)(最判S58.6.7)(百選記025)
・外国判決の承認(離婚事件)(東地S63.11.11)(百選記026)

裁判所 Edit

○ 管轄
・管轄(§5「不法行為に関する訴え」)(最判H16..)(重判H1601)
・管轄原因の認定(本案との附合)(東地S36.8.31)(百選記027)
・併合請求の裁判籍(東高S41.2.1)(百選記028)
・訴額の算定(最判S49.2.5)(百選記029)
・管轄の合意(東高S58.1.19)(百選記030)

(移送)
・専属管轄の合意(札高S62.7.7)(百選記031)
・上訴の場合(最判S25.11.17)(百選記032)
・地家間(最判S58.2.3)(百選記033)
・著しい損害・遅滞の内容(大高S54.2.28)(百選記034)
・移送(再移送)(東地S61.1.14)(百選_AP記002)
・移送(手続)(仙高S63.12.21)(百選_AP記003)

○ 除斥・忌避
・除斥(前審への「関与」)(最判S39.10.13)(百選記035)
・忌避()(最判S30.1.28)(百選記036)
・忌避()(大審S5.8.2)(百選記037)

当事者・代理人 Edit

○ 当事者の確定
・氏名冒用訴訟(大審S10.10.28)(百選記038)
・死者を当事者とする訴訟(大審S11.3.11)(百選記039)
・表示の訂正(大地S29.6.26)(百選記040)

○ 当事者能力
・民法上の組合(最判S37.12.18)(百選記041)
・登記請求権(最判S47.6.2)(百選記042)
・当事者適格との交錯(仙高S46.3.24)(百選記043)
・§29法人格なき社団(最判H6.7.14)(時の判例_鍬04)

○ 当事者適格
・選定当事者(「共同の利益を有する者」)(最判S33.4.17)(百選記044)
・法定訴訟担当(遺言執行者)(最判S51.7.19)(百選記045)
・法定訴訟担当(詐害行為取消権)(大審M44.3.24)(百選記046)
・法定訴訟担当(債権者代位権)(大審S14.5.16)(百選記047)
・紛争管理権(最判S60.12.20)(百選記048)
・任意的訴訟担当(最判S45.11.11)(百選記049)
・法人の内部紛争(最判S44.7.10)(百選記050)
・相続財産管理人(最判S47.11.9)(百選_AP記004)
・原告適格(最判H6.7.14)(時の判例_鍬05)
・被告適格(最判H10.2.27)(時の判例_鍬06)
・原告適格(最判H6.5.31)(時の判例_鍬07)
・当事者適格(最判H7.3.7)(時の判例_鍬19)

○ 訴訟能力
・意思能力(最判S29.6.11)(百選記051)
・特別代理人(最判S33.7.25)(百選記052)

○ 法人代表
・職務代行者(最判S59.9.28)(百選記053)
・表見代理(最判S45.12.15)(百選記054)
・代表者の交替(通知)(最判S43.6.16)(百選_AP記005)

○ 訴訟代理人
・法令による訴訟代理人(仙高S59.1.20)(百選記055)
・代理権の範囲(最判S38.2.21)(百選記056)
・代理権の範囲(弁護士)(最判H12.3.24)(時の判例_鍬14)
・訴訟上の地位(最判S25.6.23)(百選記057)
・弁護士法違反の訴訟行為(双方代理)(最判S38.10.30)(百選記058)
・弁護士法違反の訴訟行為(懲戒処分による業務停止)(最判S42.9.27)(百選記059)
・弁護士法違反の訴訟行為(非弁行為)(最判S46.7.14)(百選_AP記006)
・組合代表権限(退任した農協の理事)(最判H15.12.16)(重判H1501)

訴え Edit

訴訟要件(訴えの利益) Edit

(民事訴訟の対象)
・裁§3「法律上の争訟」(宗教団体の懲戒処分)(最判H4.1.23)(時の判例_鍬01)
・裁§3「法律上の争訟」(宗教団体の懲戒処分)(前提問題)(最判H1.9.8)(百選記001)(時の判例_鍬02)
・裁§3「法律上の争訟」(所有地の明渡)(宗教法人)(最判H21.9.15)(重判H2101)
・裁§3「法律上の争訟」(代表役員の地位)(宗教法人)(最判H2.10.29)(時の判例_鍬21)
・裁§3「法律上の争訟」(部分社会)(国立大学での単位授与)(最判S52.3.15)(百選記002)
・裁§3「法律上の争訟」(行政訴訟との棲み分け)(最判S56.12.16)(百選記003)

確認の訴え Edit

・権利不存在(消極的確認)(最判S39.11.26)(百選記062)
・他人間の売買無効(最判S30.12.26)(百選記063)
・国籍確認(最判S32.7.20)(百選記060)
・遺言無効(最判S47.2.15)(百選記061)
・遺産確認(最判S61.3.13)(百選記064)
・親子関係確認(子の死亡後)(最判S45.7.15)(百選記065)
・認知無効(認知者死亡後)(最判H1.4.6)(時の判例_鍬22)
・親子関係不存在確認(特別養子)(最判H7.7.14)(時の判例_鍬23)
・離縁無効(最判S62.7.17)(百選_AP記007)
・証書真否(最判S30.5.20)(百選記066)
・具体的相続分の価額・割合(最判H12.2.24)(時の判例_鍬20)
・弁償額の確定(遺留分減殺請求を受けた受遺者)(最判H22.12.18)(重判H2201)

給付の訴え Edit

・登記請求訴訟(最判S41.3.18)(百選記067)
・将来給付の訴え(最判S56.12.16)(百選記068)
・将来給付の訴え(最判H19.5.29)(重判H1903)
・将来給付の訴え(併合された場合)(最判S57.9.28)(百選記069)

形成の訴え Edit

・総会決議取消の訴え(役員選任)(最判S45.4.2)(会_百選047)(百選記070)
・総会決議取消の訴え(訴えの利益)(計算書類承認)(最判S58.6.7)(会_百選048)
・行政訴訟(最判S28.12.23)(民訴:百選記071)

訴訟要件(その他) Edit

・仲裁の抗弁(最判S55.6.26)(百選記072)
・仲裁契約(成立)(最判S57.2.23)(百選_AP記008)
・仲裁の抗弁(提出時期)(最判S49.2.20)(百選_AP記009)

訴え Edit

・請求の特定(名高S60.4.12)(百選記073)
・選択的併合(最判H1.9.19)(百選記074)
・境界確定の訴え(最判S58.10.18)(百選記078)
・境界確定の訴え(最判S38.10.15)(百選_AP記010)
・境界確定の訴え(大審T12.6.2)(百選_AP記011)

訴え提起の効果 Edit

・時効中断(最判S43.11.13)(百選記079)
・時効中断(最判S46.7.24)(百選記079)

訴え先行抗弁先行
後の請求後の抗弁後の請求後の抗弁

分離×
(§142)
同一×
(最判H10.4.30)

・二重起訴(相殺の抗弁)(訴え先行型)(最判S63.3.15)(百選記080)
・二重起訴(相殺の抗弁)(訴え先行型)(反訴主張債権の抗弁提出)(最判H18.4.14)(重判H1801)
・二重起訴(相殺の抗弁)(抗弁先行型)(再抗弁)(最判H10.4.30)(時の判例_鍬17)

○ 審判対象(訴訟物)
・占有の訴えと本件の訴え(最判S40.3.4)(百選記081)

審理手続の進行 Edit

○ 期日・期間・送達
・期日の変更(顕著な事由)(大審T12.6.2)(百選_AP記012)
・訴訟行為の追完(最判S55.10.28)(百選記085)
・郵便に付する送達(釧路地S61.1.10)(百選記086)
・公示送達の不知と追完(最判S42.2.24)(百選記087)
・送達(上告・再審事由)(最判H4.9.10)(時の判例_鍬15)

○ 訴訟の準備
・準備手続の効果(最判S35.2.12)(百選記088)
・準備書面に記載しない事実(最判S27.6.17)(百選_AP記013)

○ 弁論の整序
・弁論の更新(最判S33.11.)(百選記089)
・弁論の再開(最判S56.9.24)(4百選記090)
・弁論の終結(最判S41.11.23)(百選記091)

○ 中断・中止
・中断(訴訟代理人がある場合)(最判H19.3.27)(重判H1902)

弁論 Edit

諸原則 Edit

・弁論主義 ⇒ 事実認定論へ

・時機に送れた攻撃防御方法の却下(最判S46.4.23)(百選記094)
・不熱心原告への対応(最判S63.4.14)(百選_AP記014)

訴訟行為 Edit

・不執行の合意(執行排除の方法)(最判H18.9.11)(重判H1804)

事実認定と証拠調べ Edit

1 事実認定論(総論) Edit

(1) 事実認定の本質 Edit

(証明責任の分配)
・準消費貸借契約(最判S43.2.16)(百選境120) 藤田 P60
・安全配慮義務(最判S56.2.16)(百選境121)
・履行不能の帰責事由(最判S34.9.17)(百選_AP境022) 藤田 P59
・背信行為と認めるに足らない特段の事情(最判S41.1.27)(百選境122) 藤田 P61

(証明度)
・証明の程度(1)(因果関係)(最判S50.10.24)(百選記109)(民事認定01)
・証明の程度(2)(最判H12.7.18)(民事認定02)
・証明度の軽減(東地H4.2.7)(民事認定04)
・集団訴訟における証明(最判S56.12.16)(百選境110)(民事認定05)
・損害(統計学的立証)(最判H1.12.8)(百選境111)(民事認定06)
・心証度による損害額の認定(東地S45.6.29)(百選境123)

(証明妨害)
・証明妨害(証明責任の転換)(東地H2.7.24)(百選境124)
・証明妨害(東高S54.10.18)(民事認定03)

(2) 証明対象 Edit

◆ 当事者の主張の要否(弁論主義)
・所有権喪失事由(最判S55.2.7)(百選記095)
・代理人による契約締結(最判S33.7.8)(百選記096)
・権利濫用・控除良俗(最判S36.4.27)(百選記097)
・職権による過失相殺(最判S43.12.24)(百選記098)
・権利抗弁(最判S27.11.27)(百選記099)
・(大審T5.12.23)(百選_AP記018)
・(最判S46.6.29)(百選_AP記019)
・所有権取得の経過(最判S41.4.12)(百選_AP記020)

◆ 裁判所の釈明(弁論主義)
・釈明権(最判S45.6.11)(百選記100)
・釈明義務(最判S39.6.26)(百選記101)
・法的観点指摘義務(名高S52.3.28)(百選記102)

◆ 自白
(自白の成否)
・先行自白(最判S35.2.12)(百選記103)
・権利自白(最判S30.7.5)(百選記106)
・(最判S41.9.8)(百選記108)
・先行行為に矛盾する主張(最判S51.3.23)(百選_AP記016)
・擬制自白(最判S43.3.28)(百選_AP記017)

(効力の及ぶ範囲)

主要事実間接事実補助事実
証明不要効
裁判所拘束力
(審判排除効)
×
(S31.5.25)
×
(S52.4.15)
×
自由心証主義を
制限すべきでない
当事者拘束力
(撤回制限)
×
(S41.9.22)
×
()
×
上を認めない以上、
認める意味がない

・間接事実の自白(最判S41.9.22)(百選記104)(民事認定08)
・補助事実の自白(最判S52.4.15)(百選記105)(民事認定09)
・過失の自認の効力(東地S49.3.1)(百選記107)
・権利自白の拘束力(最判S42.11.16)(民事認定07)

(3) 方法論(経験則と推論) Edit

・文書成立の真正の推定(最判S39.5.12)(民事認定10)
・過失の一応の推定(最判S43.12.24)(民事認定11)
・概括的認定・択一的認定(最判S32.5.10)(百選境112)(民事認定12)
・概括的認定・択一的認定(最判S39.7.28)(民事認定12)
・父子関係の認定(最判S32.12.3)(百選境114)
・父子の認定(最判S31.9.13)(民事認定13)
・父子の認定(最判S32.6.21)(民事認定13)
・経験則の獲得方法(最判S36.4.28)(民事認定14)

・事実上の推定(新潟地S46.9.29)(百選境113)
・弁論の全趣旨(最判S27.10.21)(民事認定19)
・弁論の全趣旨(最判S36.4.7)(百選境115)(民事認定19)

(4) 手続規律 Edit

(自由心証主義)(§247)

内容例外(制限の有無)
(1) 証拠方法の無制限〜駄△(即時取調べができるものに限る)(§188)
⊆蠏疏幣△(書証に限るetc)(§352)
小切手訴訟△(同上)(§352←§367-2)
づ訴江攀○(制限なし)(最判S27.12.5)
ト紳仗厂笋魴个覆ぞ攜○(制限なし)(最判S32.2.8)
Π稻ー集証拠△(獲得手段・方法に制限)
(2) 証拠力の自由評価仝頭弁論の方式
   に関する規定の順守
△(調書のみ)(§160-3)

・自由心証主義(伝聞法則の適用の有無)(最判S27.12.5)(民事認定15)
・自由心証主義(反対尋問の保障)(最判S32.2.8)(百選境116)(民事認定16)
・自由心証主義(証拠能力制限の有無)(無断録音テープ)(東高S52.7.15)(百選境118)(民事認定17)
・自由心証主義(証明力制限)(口頭弁論調書)(大地H2.3.22)(百選_AP記015)
・証拠制限契約(東地S42.3.28)(百選境119)
・証拠調べの結果の援用(弁論の併合)(最判S41.4.12)(百選境117)
・事案解明義務(最判H4.10.29)(民事認定18)
・刑事判決との関係(最判S31.7.20)(民事認定20)

事実認定(各論) Edit

(1) 民法総則
・錯誤(最判H5.12.16)(民事認定21)
・暫定真実(時効取得)(最判H7.12.15)(民事認定22)
・暫定真実(時効取得)(最判H8.11.12)(民事認定22)
・代理(最判H5.9.7)(民事認定23)
・代理(最判H11.7.13)(民事認定23)
・表見代理(最判S49.10.24)(民事認定24)

(2) 物権
・登記簿による認定(登記の推定力)(最判S34.1.8)(民事認定25)
・登記簿による認定(最判S46.6.29)(民事認定25)
・公図による認定(最判H8.9.13)(民事認定26)
・念書・帳簿と所有の認定(最判S32.10.31)(民事認定27)
・抵当権(最判S63.4.8)(民事認定28)

(3) 債権総論
・債権譲渡禁止特約(最判S48.7.19)(民事認定29)
・契約の解釈(手付・損害賠償額の予定)(最判H9.2.25)(民事認定30)
・債権の準占有者に対する弁済(最判S53.5.1)(民事認定31)
・弁済受領の意思(最判S56.3.20)(民事認定32)
・領収書の有無と弁済の認定(最判H7.5.30)(民事認定33)
・保証の認定(最判S52.11.15)(民事認定34)
・保証の認定(最判H2.9.27)(民事認定34)

(4) 契約
・請負契約の解除(最判S52.12.23)(民事認定35)
・使用貸借の認定(最判S41.10.27)(民事認定36)
・使用貸借の認定(最判S47.7.18)(民事認定36)
・使用貸借の井成否(最判H8.12.17)(民事認定37)
・使用貸借の井成否(最判H10.2.26)(民事認定37)
・消費貸借の認定(最判H5.7.20)(民事認定38)
・賃借権の譲渡(最判H8.10.14)(民事認定39)
・売買契約の認定(最判S36.8.8)(民事認定40)
・売買契約の認定(最判S61.2.27)(民事認定40)
・売買契約の認定(最判H10.12.8)(民事認定40)
・売買契約の解釈(数量指示売買)(最判S43.8.20)(民事認定41)
・売買契約の履行(最判S47.5.30)(民事認定42)
・契約書の記載と供述(最判H14.6.13)(民事認定43)

(5) 不法行為
・レール置石の認識(最判S62.1.22)(民事認定44)
・捜査段階の自白(最判H12.2.7)(民事認定45)
・損害(工場騒音による被害)(最判H6.3.24)(民事認定46)
・因果関係(断定的判断の提供と株式購入)(最判H9.9.4)(民事認定47)
・経験則(デモ行進参加者に対する傷害)(最判H3.1.18)(民事認定48)
・医師の過失(未熟児網膜症)(最判S60.3.26)(民事認定49)
・医師の過失(未熟児網膜症)(最判H4.6.8)(民事認定49)
・損害賠償額の算定(最判H11.8.31)(民事認定50)

(証拠調べ手続) Edit

・唯一の証拠方法の申出とその採否(最判S53.3.23)(百選境125)
・証拠判断の説示(最判S37.3.23)(百選_AP境021)
・証拠申出の撤回(最判S32.6.25)(百選_AP境023)
・磁気テープの証拠調べ(大高S53.3.6)(百選境132)

人証 Edit

(証人尋問)
・証言拒絶権(企業秘密)(大高S48.7.12)(百選境126)
・証言拒絶権(取材源)(札幌高S54.8.31)(百選境127)
・証言拒絶権(報道関係者の取材源)(最判H18..)(重判H1802)

(当事者尋問)
・当事者尋問(大判S10.2.27)(百選_AP境025)

書証 Edit

(文書提出命令)

類型
要件手続
(§221)
(§222)
(§223)
(1)提出義務の存在
   (挙証者と所持者に所定の関係 OR 除外事由の不存在)
判断基準(2)必要性
1引用文書
(§220)















引用した文書を自ら所持×
2引渡文書
(§220∩)
所持者に対し引渡請求可能
2閲覧文書
(§220後)
所持者に対し閲覧請求可能
3利益文書
(§220A)
挙証者の利益のために作成されたこと
4法律関係文書
(§2208)
両者間の法律関係につき作成されたこと
5上記以外
(§220)







イ.§196(証言拒絶事由)該当文書提出命令
によってする
必要性の存在
(§221-2)
ロ.公務上の秘密§223-3
§223-4
§223-5
ハ.§197-1↓3催事項につき
   黙秘義務未免除
ニ.自己利用文書
  (専ら所持者の利用に供する)
‘睇文書
開示による
   不利益
3示する
   特段事情
   が不存在
ホ.刑事事件・少年事件の
   訴訟書類・記録

具体例
提出義務(個別的義務)
・(§220A「利益文書」)(診療録)(東高S59.9.17)(百選境128)
・(§2208「法律関係文書」)(内部文書)(東高S54.3.19)(百選境129)

提出義務(一般的義務の除外)
・(§220ぅ)(外交文書)(最判H17.7.22)(重判H1702)
・(§220ぅ)(「黙秘文書」)(「技術・職業上の秘密」)(最判H12.3.10)(時の判例_鍬25)
・(§220)(守秘義務)(大地S61.5.28)(百選境130)
・(§220)(守秘義務)(大地S61.5.28)(百選境130)

・(§220ぅ)(「自己利用文書」)
・意義(最判H11.11.12)(時の判例_鍬26)
・貸出稟議書(原則)(最判H11.11.12)(時の判例_鍬26)
・貸出稟議書(例外)(特段の事情)(否定例)(最判H12.12.14)(時の判例_鍬27)
・貸出稟議書(例外)(特段の事情)(肯定例)(最判H13.12.7)(時の判例_鍬28)
・介護サービスリスト(最判H19.8.23)(重判H1904)
・銀行の自己査定資料(最判H19.11.30)(重判H1905)
・銀行の社内通達文書(最判H18.2.17)(重判H1803)
・災害調査復命書(最判H17.10.14)(重判H1703)
・政務調査研究報告書(最判H17.11.10)(重判H1704)
・ポンプ運転記録(大高S59.11.12)(百選_AP境024)
・(§220ぅ・ニ)(最判H16.11.26)(重判H1603)

(§220ぅ)(「訴訟に関する書類」)
・捜索差押許可状・捜索差押礼状請求書(最判H17.7.22)(重判H1701)
・(最判H16.5.25)(重判H1602)

・不服申立の許否(§223-7)(最判H12.3.10)(時の判例_鍬25)
・不服申立の許否(§223-7)(不服の範囲)(最判H12.12.14)(時の判例_鍬29)
・命令の不遵守の効果(§224)(東高S54.10.18)(百選境131)

(資料の収集・保全)
・模索的証明(東高S47.5.22)(百選境134)
・弁§23の2「照会」(最判S56.4.14)(百選境135)
・証拠保全(要件)(診療録)(広島地S61.11.21)(百選境136)

訴訟の終了 Edit

裁判 Edit

申立事項と判決の一致 Edit

・申立事項と判決事項の一致(一時金損害賠償請求と定期金支払判決)(東高H15.7.29)(重判H1502)
・申立事項(黙示の請求)(最判S30.12.1)(百選_AP境026)
・訴訟物(東地S63.12.20)(百選境137)
・引き換給付判決(最判S46.11.25)(百選境138)
・消極的確認訴訟の場合(最判S40.9.17)(百選境139)
・(最判S54.4.17)(百選境140)
・裁判の脱漏(最判S30.7.5)(百選境141)

判決効(時的限界) Edit

・遮断効(取消権)(最判S55.10.23)(百選境142)
・遮断効(白地手形)(最判S57.3.30)(百選境143)(手_百選040)
・遮断効(建物買取請求権)(東高S53.7.26)(百選境144)
・遮断効(建物買取請求権)(最判H7.12.15)(時の判例_鍬01)

判決効(客観的範囲) Edit

・争点効(最判S44.6.24)(百選境145)
・限定承認の蒸返し(最判S49.4.26)(百選境146)

・一部請求(明示の場合)(最判S37.8.10)(百選境147)
・一部請求(黙示の場合)(最判S32.6.7)(百選境148)
・一部請求(最判H10.6.12)(時の判例_鍬16)

・後遺症による損害の増大(最判S43.4.11)(百選境149)
・将来の給付判決における増額請求(最判S61.7.17)(百選境150)
・確定判決の騙取(最判S44.7.8)(百選境151)

判決効(主観的範囲) Edit

・口頭弁論終結後の承継人(最判S48.6.21)(百選境152)
・請求の目的物の所持者(大高S46.4.8)(百選境153)
・訴訟担当(大地S45.5.28)(百選境154)
・法人格否認の法理(最判S53.9.14)(百選境155)
・反射効(保証人)(最判S51.10.21)(百選境156)
・反射効(共同不法行為)(最判S53.3.23)(百選境157)

・形成力の発生時期(最判S40.3.26)(百選境158)

当事者の意思 Edit

訴えの取下 Edit

・刑事上罰すべき他人の行為による場合(最判S46.6.25)(百選記082)
・取下げの合意(最判S44.10.17)(百選記083)
・効果(再訴禁止)(最判S52.7.19)(百選記084)

請求の放棄・認諾 Edit

・請求の放棄(離婚訴訟)(最判H6.2.10)(時の判例_鍬24)

和解 Edit

・和解終了(建物買取請求権の帰趨)(東地S45.10.31)(百選記092)
・訴訟上の効果と私法上の効果(広高S40.1.20)(百選記093)
・契約の解除と訴訟終了(最判S43.2.15)(百選境159)

複雑訴訟形態 Edit

請求の複数 Edit

◇ 訴えの変更
・訴えの変更(最判S39.7.10)(百選記075)
・訴えの交換的変更(旧訴の扱い)(最判S32.2.28)(百選記076)
・訴えの交換的変更(新訴の扱い)(最判H5.2.18)(時の判例_鍬03)
・提訴期間経過後の決議取消事由の追加(最判S51.12.24)(百選記077)

主体の複数 Edit

共同訴訟(通常) Edit

・独立原則(当然の補助参加の是非)(最判S43.9.12)(百選境160)

共同訴訟(必要的) Edit

必要的共同訴訟
固有類似

原告適格
訴え取下げの可否

合一確定の要否

上訴しなかった者の地位
不利益変更禁止原則の有無
二重上告の許容

・固有−(要否)(入会権)(最判S57.7.1)(百選境161)
・固有−(要否)(入会権確認)(最判H20.7.17)(重判H2002)
・固有−(共同相続人に対する移転登記請求)(最判S44.4.17)(不百選_2版043)
・固有−(共有地に対する地役権設定)(最判H7.7.18)(時の判例_鍬08)

・固有−(共同相続人の地位不存在確認)(最判H16.7.6)(重判H1604)
・固有−(前婚の無効確認と後婚の取消)(最判S61.9.4)(百選境165)
・固有−(共有商標登録の無効審決取消)(最判H14.2.22)(時の判例_鍬09)

・固有−(境界確定の訴え)(最判H11.11.9)(時の判例_鍬10)
・固有−(境界確定の訴え)(訴訟告知による補完の可否)(最判S46.12.9)(百選境162)

・固有−(遺産確認の訴え)(最判H1.3.28)(百選境164)(時の判例_鍬11)
・固有−(遺産確認の訴え)(被告の一人が訴え取下げ)(最判H6.1.25)(時の判例_鍬12)
・固有−(訴えの取下げ)(最判S46.6.10)(百選_AP境027)
・固有−(被告側)(最判S43.3.15)(百選境163)

・固有−(不利益変更禁止)(最判H22.3.16)(重判H2205)

・固有−(上訴)(最判S58.4.1)(百選境166)

・類似−(二重上告)(最判H23.2.17)(重判H2304)

共同訴訟(主観的併合) Edit

・主観的予備的併合(最判S43.3.8)(百選境167)
・主観的追加的併合(最判S62.7.17)(百選境168)

訴訟参加(補助参加) Edit

(要件)
・参加の利益(東高S49.4.17)(百選境169)
・参加の利益(株主代表訴訟で、会社は被告側に参加できるか)(最判H13.1.30)(会_百選076)(時の判例_鍬13)
・補助参加(態様)(最判S51.3.30)(百選境170)
(効力)
・参加人に対する判決の効力(最判S45.10.22)(百選境171)
・参加的効力(訴訟告知)(東高S60.6.25)(百選境172)

訴訟参加(共同訴訟的補助参加) Edit

・(最判S63.2.25)(百選境173)

訴訟参加(独立当事者参加) Edit

・準独立当事者参加(最判S42.9.27)(百選境174)
・債権者代位訴訟(最判S48.4.24)(百選境175)
・上告審で参加できるか(最判S44.7.15)(百選境176)
・敗訴者の一人による上訴(最判S48.7.20)(百選境177)

訴訟参加(共同訴訟参加) Edit

・当事者適格(最判S36.11.24)(百選境178)

訴訟承継 Edit

・会社法上の訴え(最判S45.7.15)(百選境179)
・訴訟の終了(養子縁組取消訴訟)(最判S51.7.27)(百選境180)
・訴訟承継(義務者からの申立)(最判S32.9.17)(百選境181)
・訴訟承継(譲渡人からの申立)(東高S54.9.28)(百選_AP境029)
・引受人範囲(最判S41.3.22)(百選境182)
・仮処分による当事者の恒定(最判S46.1.21)(百選境183)
・中断・受継(最判S14.12.18)(百選境184)
・訴訟承継(最判H7.11.7)(時の判例_鍬18)
・訴訟承継(訴訟終了)(最判S42.5.24)(百選_AP境028)

将 上訴 Edit

・上訴(離婚請求に対する反訴・財産分与の申立)(最判H16.6.3)(重判H1606)

○ 上訴の利益
・判決理由中の判断(最判S31.4.3)(百選境185)
・全部勝訴原告(請求の拡張)(名高H1.1.30)(百選境186)
・訴え変更の拒否の裁判(大決S8.6.30)(百選_AP境030)

○ 審判の範囲
・不服の限度()上訴しない当事者(最判S58.3.22)(百選境187)
・不利益変更禁止(最判S61.9.4)(百選境188)

○ 控訴
・控訴理由(判決手続の違法)(最判S27.11.18)(百選_AP境034)
・控訴理由(経験則)(最判H3.1.18)(時の判例_鍬30)
・第1審結果の陳述(最判S61.12.11)(百選境189)
・必要的差戻(審級の利益)(最判S58.3.31)(百選境190)
・再度の付帯控訴(最判S38.12.27)(百選_AP境032)
・反訴の要件(最判S38.2.21)(百選_AP境033)

○ 上告
・受継決定のみの上告(最判S48.3.23)(百選境191)
・上告理由(再審事由)(最判S38.4.12)(百選_AP境035)
・上告理由(経験則)(最判S36.8.8)(百選境192)
・上告理由(審理不尽)(最判S35.6.9)(百選境193)
・上告(審判の範囲)(予備的請求)(最判S33.10.14)(百選_AP境031)

・破棄判決の拘束力(法律上の判断)(最判S43.3.19)(百選境194)
・破棄判決の拘束力(事実上の判断)(最判S36.11.28)(百選境195)
・破棄判決の拘束力(最判S46.10.19)(百選_AP境036)

○ 抗告
・許可抗告(高裁のした保全抗告決定)(最判H11.3.12)(時の判例_鍬31)
・即時抗告期間の始期(遺産分割)(最判H15.11.13)(重判H1503)
・即時抗告の可否(最判H16..)(重判H1605)

将 再審 Edit

・再審事由(9)(代表者の自己利益のための訴訟行為)(最判H5.9.9)(時の判例_鍬33)
・再審事由(9)(補充送達の場合)(最判H19.3.20)(重判H1901)
・原告適格(特定承継人)(最判S46.6.3)(百選境196)
・原告適格(検察官相手の死後認知)(最判H1.11.10)(百選境197)
・原告適格(検察官相手の死後認知)(認知を求められた亡父の子)(最判H1.11.10)(時の判例_鍬32)
・補充性(最判S39.6.26)(百選境198)
・再審期間(始期)(上告理由書提出後)(最判S43.8.29)(百選境199)
・再審期間(始期)(文書偽造の確知)(最判S52.5.27)(百選境200)
・再審(起訴猶予処分の拘束力)(最判S45.10.9)(百選_AP境037)

将 執行停止 Edit

・担保消滅事由(最判H13.12.13)(時の判例_鍬34)

(未分類) Edit



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-06 (金) 03:57:15 (2146d)