【横断的論点】

軽微事件の取扱い
余罪をめぐる諸問題

基本原理

1 当事者主義
2 公平な裁判
3 予断排除の原則
4 無罪推定の原則

【捜査】

総論
捜査の開始
分類
4 強制捜査




逮捕
勾留
諸問題二重逮捕
再逮捕
別件逮捕



捜索・差押有体物
電磁的記録物
検証・鑑定
その他撮影(写真・ビデオ)
体液採取(尿・血・呼気)
通信傍受

任意捜査

  • 規律(限界)
  • 取調べ
  • おとり捜査
  • 訴訟条件を欠く場合

被疑者の防御権
7 捜査の終結
8 違法捜査の抑制

  • 証拠能力を否定すべきか ⇒ 証拠禁止へ
  • 公訴を棄却すべきか ⇒ 公訴提起の要件へ

【公訴提起】

要件

2 諸原則

手続

訴訟条件

【公判手続】

訴訟主体

公判の原則

3 公判準備

  • 準備手続
  • 公判前整理手続

公判手続

通常
手続
簡易
手続
簡易公判手続
略式手続
即決裁判手続

公判の対象

  • 公判審理の範囲
  • 訴因変更制度
    • 変更手続
    • 要否
    • 限界
    • 変更命令
  • 総合問題

【証拠】

1 総説

証拠調べ手続

  • 鑑定

証拠能力(許容性)

  • 制限する趣旨
  • 分類
関連性
の法則
自然的
法律的自白排除法則
伝聞法則
情況証拠の理論
証拠禁止違法収集証拠排除法則

4 証明力

5 共同被告人の供述

  • 証人適格
  • 証拠能力
  • 証明力

裁判

1 種類

2 効力

【救済手続】

上訴総説
控訴
上告
抗告
非常
救済
非常上告
再審

【裁判の執行】



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-02-24 (日) 08:47:12 (1971d)