+  目次

(一)責任の本質 →非難可能性 Edit

刑罰を科すために責任が要求される
(理)
国民一般から見て、行為について非難可能性がなければ国民の納得が得られず、
刑罰制度が有効に機能し得ないからである

(一)期待可能性の不存在 Edit

期待可能性とは
→行為の際の具体的事情のもとで、行為者に犯罪行為を避けて適法行為をなしえたであろうと期待できること

理論的基礎(心理的責任論と規範的責任論) Edit

体系上の位置づけ→責任阻却・減軽事由 Edit

期待可能性の有無の判断基準(行為者標準説VS平均人標準説VS国家標準悦説) Edit

期待可能性の錯誤 Edit

(二)責任能力の不存在 Edit

責任能力→刑法上の責任を負担しうる人格的能力

責任無能力者・限定責任無能力者 Edit

存在時期 Edit

→実行行為時に要求される。

原因において自由な行為の法理 Edit

→みずから心身喪失・耗弱の状態で犯罪の結果を惹起した場合には、その結果について完全な責任を問うとする法理

  • 可罰性の根拠
    →責任を認めてよい(犯罪決意時に責任能力があれば足る)
    (理)犯罪結果が責任能力ある状態での自由な意思決定に基づく結果なら非難が可能

(Q 犯行が責任無能力状態で行われているのに、§39-1によって責任が阻却されないとする理論構成)

行為・責任
同時存在原則
実行行為開始時
=実行着手時
時系列
原因行為無能力
状態
結果
(1)間接正犯論準用説着手時
(責任基準時)
実行行為
(2)不要(責任基準時)着手時
実行行為
(3)前田説×(責任基準時)着手時
実行行為

※ 実行の着手時期

決意しただけでは危険性は不十分であるから、
未遂犯が成立するのは(実行の着手時期は)、現実に危険性が高まったときである。
      ↓∴、
酒を飲んだら寝てしまった場合、未遂罪は成立しない。
  • 適用範囲
    Q 故意作為犯にも適用されるか
    Q 限定責任能力下の行為にも適用されるか

(三)正当化事由の認識 Edit

1 誤想防衛 Edit

→正当防衛の要件に当たる事実がないのにその事実が存在すると誤想して行われる反撃行為

類型

Q 正当防衛と同視できるか

Q 故意を阻却するか(事実の錯誤か法律の錯誤か)(§38)

減免の理由→違法性減少+責任減少 Edit

2 誤想過剰防衛 Edit

急迫不正な侵害がないのに,それがあるものと誤信して防衛行為に出たが、
誤想した侵害に対する防衛としては過剰であった場合
類型客観的事情主観的認識 故意の成否 §36-2の適用
責任減少違法減少減免の限度
\掬防衛急迫不正相当急迫不正相当−(無罪)−−−
過剰防衛不相当不相当○(故意犯)§36-2
8軈柬姫相当相当×(過失犯)×
じ軈朮畩衙姫(広)急迫不正不相当×(過失犯)
ジ軈朮畩衙姫(狭)×(過失犯)
Ω軈朮畩衙姫(狭)不相当○(故意犯)

故意を阻却するか →阻却しない。
(理)構成要件に該当する事実の認識はあるから

§36‐2を適用できるか(過剰防衛として扱ってよいか)
→§38-3の問題として、違法性の意識の可能性の有無によって判断する。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-23 (日) 23:59:25 (760d)