横断的論点

  • 1 一部請求訴訟の問題点
  • 2 消極的確認訴訟の問題点
  • 3 相殺の抗弁の特異性
  • 4 債権者代位訴訟の問題点

  • 訴訟と非訟
  • 民訴制度の目的
  • 基本理念

訴訟審理の構造

  • 構成要素
    • 申立・主張・立証
    • 否認・不知・沈黙・自白
  • 攻撃防御の構造と要件事実
  • 訴訟行為
    • 軌婬
    • 凝渦鵝取消
    • 兄篷々坩戮竜律の反映
    • 信義則

裁判所

  • 管轄
    • 種類  
    • 供ヾ紐蹐猟敢此福14)
    • 掘^楞(§16〜§22)
  • 裁判機関の構成
    • 除斥(§23)・忌避(§24)・回避(規§)

当事者・代理人

  • 当事者とその確定
    • 氏名冒用訴訟
    • 死者を当事者とする訴訟
  • 当事者能力(§28,29)
  • 訴訟能力
  • 代理人・代表者・補佐人

訴え

  • 類型
  • 訴訟要件
    • 訴えの利益
    • 当事者適格
      • 選定当事者 (§30・144)
  • 訴え提起の方式と訴訟物
    • 訴状の記載事項
    • 訴え提起に対する処置
    • 訴訟物
  • 訴訟の開始・対象の自己決定−処分権主義(1)
    • 申立事項と判決事項の一致
  • 訴え提起の効果
    • 訴訟係属の発生
    • 二重起訴の禁止(§142)
    • 時効の中断

訴訟の審理

  • 審理の進行
    • 裁判所と当事者の役割
    • 期日・期間・送達
    • 訴訟手続の停止 (§124〜132)
  • 口頭弁論
    • 諸原則
      • 必要的口頭弁論の原則
      • 双方審尋主義
      • 口頭主義(§87)(VS 書面主義)
      • 直接主義(§249-1)
      • 公開主義
      • 集中審理主義(VS 併行審理主義)
      • 職権進行主義(VS 当事者進行主義)
      • 適時提出主義
    • 口頭弁論の準備
    • 口頭弁論の懈怠

訴訟の審理

  • 証拠
    • 証明の対象と不要証事実
      • 証明の対象
      • 証明を要しない事項
    • 証拠による事実認定
      • 自由心証主義(§247)
      • 証明責任
    • 証拠調手続

訴訟の終了

複数請求訴訟

  • 訴えの客観的併合(§136)
  • 訴えの変更 (§143)
  • 反訴 (§146)
  • 中間確認の訴え (§145)

多数当事者訴訟

  • 共同訴訟
    • 通常共同訴訟 (§38)
      • 同時審判共同訴訟
      • 主観的追加的併合
    • 必要的共同訴訟
  • 訴訟参加
    • 補助参加(狭義)(§42〜§46)
    • 共同訴訟的補助参加
    • 独立当事者参加(§47・48)
    • 共同訴訟参加(§52)
    • 訴訟告知
  • 訴訟脱退
  • 訴訟承継(§49〜50)
    • 任意的当事者変更

上訴・再審

  • 総説
    • 上訴制度の目的 424
    • 上訴の効果
  • 控訴
    • 控訴審の構造
    • 控訴の利益
    • 附帯控訴(§293)(受58-5)
  • 再審

略式訴訟手続

  • 簡易裁判所の手続(§352〜§359)
  • 督促手続 §430〜§443
  • 手形訴訟・小切手訴訟 §444〜§463 
  • 少額訴訟


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-12-06 (日) 04:28:39 (3216d)