+  目次

審理構造.png

構成要素 Edit

原告の行為被告の行為効果
申立本案の申立
訴訟上の申立
主張法律上の主張)ゝ・経験則の
   存在・内容の陳述
∋実を,砲△討呂訥捗
K[Ц果の陳述
事実上の主張“歿証明対象になる
不知相手方の主張に対し
知らないという陳述
否認と推定される
(159-2)
D戚相手方の主張に対し
黙っていること
擬制自白が成立する
(159-1)
ぜ白当該事実を認める陳述‐斂隻塒弩(§179)
⊃拡叔喀効
(弁論主義第2原則)
E渦鷆愡澹
立証証拠申立

攻撃防御の構造と要件事実 Edit

  • 否認と抗弁の区別
否認抗弁
相手方が証明責任を負う事実を
否定する陳述
相手方の主張と両立する
自己が証明責任を負う事実の提出
(相手方の主張する法律効果発生の
障害原因事実or消滅原因事実の主張)
単純否認理由付否認通常の抗弁
(制限付自白)
仮定抗弁
主張事実の
直接否定
両立しない
別個の事実の主張
主張事実を認め
別の事実を主張
相手方の主張を仮に認めた上
(主張を争いつつ)
予備的事実を主張
借りていない(借りたのではなく)
もらったのだ
借りたが
返した
借りたとしても
相殺する
共通点相手方の主張を理由なからしめるための事実の主張
相違点主張事実の両立非両立両立
証明責任原告被告


権利発生原因
と当事者適格
類型
一致売買
消費貸借
賃貸借
所有権(明渡請求)     -(占有権限の抗弁)
   〃  (    〃    )      -(所有権喪失の抗弁)
   〃  (妨害排除請求)-(登記保持権限の抗弁)
分離債権者代位訴訟
債権譲渡(特定承継)
相続(包括承継)


添付ファイル: file審理構造.png 287件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-29 (日) 22:08:38 (486d)