+  目次

履行の強制(債権内容の強制的実現) Edit

給付の種類民法民事執行法




金銭債務直接強制(414-1)・不動産執行(43〜111)
・船舶執行(112〜121)
・動産執行(122〜142)
・権利執行(143〜167の16)



金銭以外
(物の引渡)
・有体物の引渡執行(168〜170)
間接強制(173)







代替的給付代替執行(414-1)・代替執行(171)
間接強制(173)











意思表示義務裁判をもって
意思表示に代える
(414-1「その他の執行」)
意思表示の擬制(174)
その他の
作為義務・
不作為義務
間接強制
(414-1「その他の執行」)
間接強制(§172)
不作為債務の強制履行
(414-1「その他の執行」)
  ・有形状態を残す場合−除去
  ・将来のための適当な処分
・不作為義務の間接強制(§171)
間接強制(173)
履行強制不可----

損害賠償請求権(§416) Edit

賠償される損害の範囲を画する基準 Edit

(1)相当因果関係説(通判)[354]

自然界の因果関係は無限に進展する可能性があるから、損害も意外な範囲になる可能性がある。
そこで、
損害賠償の額の算定の基礎となる事情から特別の事情を除去し、
「損害」を通常に予想される因果関係の範囲に限定する必要がある。
そのための理論が相当因果関係理論であり、§416に具体化されている。
そこで、
…名鏤情から生じる通常生ずべき損害について債務者は責任を負う
特別事情についても債務者に予見可能性があるときは、かかる事情から発生する通常損害についても責任を負う。
これは例外的な請求であるから、予見可能性の有無は債権者が立証すべきである。

(2)保護範囲説(平井) [355]

      事実的因果関係(債務不履行と損害との間の事実的因果関係の有無)
      保護範囲       (因果関係がある損害のどこまでが救済されるか)
      損害の金銭的評価
§416事実的因果関係



通常損害異例損害



通常××
特別予見可能性 有
予見可能性 無×

Q債務不履行を理由に精神的損害の賠償を請求できるか [349]

損害賠償額の算定時期(特に中間最高価格の処理) Edit

(1) §416-2「特別事情」の予見可能性
予見可能性の判定時期 [356]
予見可能性の主体 [357]

(2) 損害賠償額算定の基準
通判 [358]
平井説 [359]
谷口・星野説 [360]
内田説 [361]

履行期到来→催告→解除→訴え提起→口頭弁論終結→判決
     ↓ このうち
Qどの時点における価額で損害賠償を請求できるのか
 
原則→債務不履行発生時
(理)損害賠償額は債務不履行時の予見可能性を基準として決定されるから、

さらに、
Q目的物の価額が変動した場合は最高価格を元に損害賠償額を算定できないか

(1)騰貴した後下落した場合→できる

    →債権者が‘貴時に転売して
              △修硫然曚冒蠹する利益を確実に取得したであろう事情があれば、

  このような事情は特別事情にあたり、算定時期とできる。

(2)単純に騰貴している場合→事実審の口頭弁論終結時(この場合は転売目的も不要)
(理)この場合は現在有していたらその価格であったといえるからである。

過失相殺(§418) Edit

損益相殺の根拠 [361]

請求権の競合(不法行為責任と契約責任のいずれの責任を認めるべきか)思P143 Edit

(1) 請求権競合説 [352]
(2) 法条競合説 [353]



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-23 (土) 01:00:01 (13d)