+  目次

混同 Edit

原則と例外の立法趣旨 思P26

原則例外
根拠規定根拠規定
所有権と他の物権が
同一人に帰属した場合
(§179-1本文)
所有権に
抵当権が設定
(1)その物が
第三者の権利の目的であるとき
(§179-1但書)
その物に
後順位抵当権が設定
(2)その物権が
第三者の権利の目的であるとき
(§179-1但書)
抵当権に
転抵当権が設定
所有権以外の物権と
これを目的とする他の物権が
同一人に帰属した場合
(§179-2本文)
地上権に
抵当権が設定
(1)所有権以外の物権が
第三者の権利の目的であるとき
(§179-2但書)
1(1)同上
(2)混同した権利が
第三者の権利の目的であるとき
(§179-2但書)
1(2)同上
占有権は混同により消滅しない
(§179-3)
  • 乙は甲所有の土地を賃借し建物を建て、保存登記をしていたところ、甲は丙のために当該土地に抵当権を設定し登記を済ました。
    その後乙は、右土地を甲から譲り受け所有権移転登記をしたが、本件土地は競売され丁がこれを競落した。
    Q 乙丁の法律関係はどうなるか [188]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-07 (日) 20:40:21 (3979d)