#norelated
#region(目次)
#contents
#endregion
----
* 債務引受 [#w4147553]

Q 要件    [429]

|>|>||CENTER:併存的債務引受&BR;(§470・471)|CENTER:免責的債務引受&BR;(§472〜472の4)|CENTER:履行引受|CENTER:契約上の地位移転&BR;(§539の2)|h
|>|>|定義|||||
|>|>|成立後の権利関係| 甲 ──→ 乙&BR;(G者)  (S者)&BR;&BR;               丙&BR;         (引受人)| 甲  ………乙&BR;(G者)  (S者)&BR;&BR;                丙&BR;         (引受人)| 甲  ──→  乙&BR;(G者)  (S者)&BR;                ↓&BR;               丙&BR;         (引受人)||
|要&BR;件|>|‖紊錣辰突行&BR;   しうる債務で|>|>|>||
|~|&BR;右&BR;の&BR;合&BR;意|三者間|CENTER:○|CENTER:○|CENTER:×|CENTER:○|
|~|~|甲丙間|CENTER:○|CENTER:○|CENTER:×||
|~|~|乙丙間|CENTER:○|CENTER:○|CENTER:○|CENTER:○&BR;(但:甲の承認)&BR;(§539の2)|
|~|~|甲乙間|>|>|>|CENTER:×  (当人抜きで、管理処分権に容喙できない)|
|~|~|甲乙間|>|>|>|CENTER:×  (当人抜きで、(丙の)管理処分権に容喙できない)|
|効&BR;果|>|CENTER:旧S者の地位|||||
|~|>|CENTER:新S者の抗弁|||||
|~|>|CENTER:担保の移転|||||

Q 甲乙丙三者間における債務引受の合意の内容 [435]

* 契約上の地位の移転 [#kaac6c5d]

** 賃貸人たる地位の移転 [#x16c5f5c]

(1) 賃貸借の目的物の所有権が移転するに伴い移転するか  → 肯定(状態債務関係)答P247

(2) 要件

Q1 賃借人の承諾が必要か → 不要(当然に移転する)          [437] 
(理)
賃貸人の債務は所有者なら誰でも履行できるから、誰が賃貸人であるかについて賃借人は特段の利益を持たない。
また
賃料が賃貸人から、譲渡人、譲受人へと無意味な循環を生ずることを防ぐべきである。
     
Q2 賃借人に賃貸人たる地位を主張するためには登記が必要か → 必要
 (理)賃借人の賃料の二重払いを防ぐためである。

解除権が第三者に移転するための要件  [438]

----
CENTER:[[戻る>法令ノート/民法_債権総論]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS