【総論】

犯罪と刑法

第1章 刑法の基本的考え方

  • 刑法の機能

第2章 犯罪論

  • 行為論

第3章 罪刑法定主義と解釈

  • 1 罪刑法定主義
  • 5 適用範囲

第4章 構成要件

  • 1 構成要件の概念 (Q 違法類型か責任類型でもあるか)
  • 2 構成要件要素

第6章 違法性阻却(犯罪成立阻却事由1)

第7章 責任阻却(犯罪成立阻却事由2)

  • (一)責任の概念 →非難可能性
  • (二)責任能力の不存在
    • 原因において自由な行為
  • (四)期待可能性の不存在
  • (五)正当化事由の認識

第8章 共犯【構成要件】2

  1. 総論
  2. 共同正犯
  3. 教唆犯
  4. 従犯
  5. 諸問題
    1. 共犯と身分
    2. 不作為と共犯
    3. 共犯の錯誤
    4. 共犯と中止犯

第9 罪数

  • 1 犯罪の個数
  • 2 科刑上の一罪(数罪1)
  • 3 併合罪 (数罪2)

第10章 刑罰制度

【各論】

【国家の法益】

  • 一 公務の執行を妨害する罪
  • 二 逃走罪
  • 三 犯人蔵匿・証拠湮滅罪
  • 四 偽証罪
  • 五 虚偽告訴罪
  • 六 賄賂罪 

【社会の法益】

  • 二 放火罪
  • 三 往来妨害罪
  • 四 通貨偽造罪   
  • 五 文書偽造罪
  • 六 有価証券偽造罪     
  • 七 印章偽造罪
  • 八 猥褻罪  
  • 九 賭博罪

【個人の法益】1(人格的法益)

  • 《生命・身体に対する罪》
    • 〔殺人の罪〕
    • 〔傷害の罪〕
    • 〔過失傷害の罪〕
    • 〔堕胎の罪〕
    • 〔遺棄の罪〕
  • 《自由に対する罪》
    • 〔逮捕及び監禁の罪〕
    • 〔脅迫の罪〕
    • 〔略取及び誘拐の罪〕
    • 〔強制猥褻罪の罪〕
  • 《私生活の平穏に対する罪》
    • 〔秘密を侵す罪〕
  • 《名誉・信用に対する罪》

【個人の法益】2(財産的法益)

  • 一 総論
  • 二〔窃盗・強盗〕
  • 三〔詐欺・恐喝〕
  • 四〔横領〕
  • 五 背任罪
  • 六 盗品等罪
  • 七〔毀棄・隠匿〕


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-25 (水) 13:25:09 (3100d)