07年7月27日(金)

Wikiで表を扱う

posted by  西山 忠  in 09_未分類 | 

1.表を表示するには

表をこのように表示するにはどうすればよいか?

配置を指定した表
中央
中央
xxxxxxxxxxxx xxxxxxxxxxxx xxxxxxxxxxxx

2.表を印刷するには

desgin.cssに設定を加えること。

参考:走り抜けるブログ

07年7月22日(日)

ADR研修課題 (その1_ADR概論)

posted by  西山 忠  in 08_生活・紛争(ADR) | 

石川県行政書士会では、行政書士が将来においてADRの手続実施者となることを想定して、関係法律や諸制度を学ぶための研修を行っている。
今年も金沢大学と提携して研修会が開催され、当方も、この講義を受講している。

以下は、その1課程である「ADR概論」を担当していただいた福本先生から出題された課題である。問題1又は問題2のいずれかを、レポートとして提出しなければならない。

さて、これをどのように書こうか?

問題 1
食肉の卸売りを業とするXは、Yとの間で、売掛金をめぐって紛争となっていたが、
両者は、次のような内容で和解が成立した。

① YはXに対して、Xの主張のとおり250万円の支払い義務があることを認める。
② Yは250万円の内金200万円の支払いに代えて、YがAに保管させている国産牛肉を譲渡する。
③YがXに対して牛肉を引き渡したときは、Xは残債権50万円の支払いを免除する。
その後、Yは、Xに本件牛肉を引き渡した。
以上を前提として、以下の場合に、Xは和解の効力を争うことができるか。

(1) その後、Yの債務が実は300万円であったことが判明した場合
(2) Yが引き渡した牛肉が実は、国産牛肉ではなく、外国産の安物であることが判明した場合
(3) Yが牛肉を引き渡した後、ほどなくして、国産牛にBSEが多発し、国産牛の価格が暴落するに至った場合

問題 2
石川県行政書士会においては、民事紛争解決のための新たな手続きを創設し、ADR基本法による認証を取得することを想定して、以下の書面を作成して下さい。
(法6条に定める認証の基準、先に配布した「ガイドライン」その他、その後に公にされた各種資料があればそれも参考にして下さい。)

(1) 一般の利用者が簡単に分かるような手続のアウトラインの説明書
(2) ADR基本法2条1号に定める紛争当事者との契約の標準的な内容

HTML convert time: 0.271 sec. Powered by WordPress ME